Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

飲食業務道中記

Add-onメニュー考える:自由加配、大快活の場合

香港では一般的な自由加配。 例えば下の写真、A12やA10などのティーセットメニューを頼むと スペシャル料金で簡単なメニューが追加できる。 それが写真下部分の「自由加配」部分。 日本ではこういう形で「追加」「追加」とオーダーしてゆくシステムが 一般的…

譚仔雲南米線:トマトスープに牛肉と香港式油揚げをトッピング。丸亀製麺のトリドールによる買収から初めて行ってみた。んっ?2度目だったかな?

久しぶりのアップとなりました。 書いておきたいことは山のようにあれど、 記憶がかすかにでも残っているうちに 溜まっている写真を少しずつでもアップしておきたいかな。 これまでの人生、あまり接点のなかったファストフードや ファミリーレストラン、地元…

北の坂:ハンバーグカレーに追加料金でセットにしてみた (HK$49)

香港で生活してきた時間というのは「短い期間」という類いでない、と、思う。 生活様式も毎日の食事もすっかり香港に馴染み、 大牌檔(ダイパイトン)と呼ばれる香港地場的な食事処で食事をする事も度々。 Ap Lei Chau というのは橋や地下鉄で香港島と陸続き…

ファストフードという世界:やっとこ、まなばし、雪平鍋のないキッチンという空間

ファストフードという世界。 hongkongjapan.hatenablog.com ファストフードという世界は 毎日毎日が驚きの連続で、その驚きはとても一言で表す事はできないのだけれど あえて一言でいうのなら 「こういう世界が世の中にあるのか」 そんな感じ。 「やっとこ」…

足腰鍛えてファストフードの構築を勉強中よっ!

久しぶりの更新となりました。 振り返ってみると約2か月ぶりとなるようです。 香港南部、小島の漁村「西邨」中心の生活から、 九龍側中心の生活へと行動範囲そのものが大きく変わり ビュービュー吹き荒れる北風や容赦なく吹き付ける大雨という 大自然との戦…

2年間を振り返って:香港の片隅の小島で初めて日本食品小売店を運営してみて、今、思うこと

本日のお題 2年間を振り返って: 香港の片隅の小島で初めて日本食品小売店を運営してみて、今、思うこと。 何だか、いつになく若干真面目モード入っていますかね、そのお題に。 いやいやいやいや、毎日毎日毎日毎日 騒がず目立たず、真面目にやっております…