読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

商品そのもののブランド価値が下がってゆく過程をリアルタイムで見学中。

クントンエリアの変貌ぶりが凄まじく、

かつては香港を代表する工場、工業、倉庫エリアであった事なんて

ほとんど感じる事もなくなった。

その一方で、昔からの工業ビルも残りつつ、超ローカル系の食事なども

楽しめるエリアで、中々興味深い地区であることには変わりはない。

 

 

 

そんな、クントン。

今、クントン全体が日本のお菓子やおつまみ系スナックで溢れかえり、

まぁ、その商品の充実さとお安さといったら、海を渡ってわざわざ買いに行く

価値があるくらいの充実ぷっり。

お菓子類の販売価格なんて、我が家の仕入れ価格よりもお安くて

まぁ、うらやましい限りではありますが、商品が山積みされ

たたき売り状態のような形で売られているのを見かけるたびに

「商品そのもののブランド価値というのは、なるほど、こうして下がってゆくのだな」

と、負け惜しみでも、嫌味でもなく、ただただ純粋に思うことがあり

その過程を興味深く観察し、拝見している。

いえいえいえいえ、ブランド価値が下がるどころか、生産者側としては

どんなに安くてもいいから、今は多くの人に食べてもらいたい

数多く売ってくれれば、それが一番!!

という、そういう戦略であるかもしれないし。

いずれにしても、日本食関連は今、クントンがとても熱い!

そんな感じでゴザイマス。

 

 

 

熱しやすくて冷めやすい、

新し物好きだけど、

ホントのところは超保守的

 

 

 

という方々が多い香港で、

長く、長く、長ぁ~く、残ってゆくというのは

中々、簡単ではこざいませぬ。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村