Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

憎さ余って可愛さ1000倍に感じられる商売@香港を考えてみるよ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

香港って湿度が高いでゴザイマショ。

この湿度さえ解決出来たら、香港って最高の場所になるわよね。

香港の湿度、まさに憎っくき存在。

香港にお住まいになったことがない方には

ちょっと想像すら出来ないかもしれませんが、

香港の湿度って、ホントに高いのよ。

どれくらい高いかって?

春の日には湿度100%なんて日があるくらい。

湿度100%の世界というのは、ご存知かしら?

壁や天井から水滴が落ちてくる、そんな空間ね。

日本の梅雨も湿度が高いけど、

香港の湿度とはちょっと異なるかしらね。

 

 

さて、そんな湿度の高い香港での生活というのは

基本、体もしんどくて、気分も滅入りがち。

滅入りがちにはなるのですが、

シンドイ、シンドイ、ああ、シンドイな、シンドイな

と言ってばかりではつまらないので

このシンドイ気候を利用して何かガツガツ商売ができたら

ちょっとは気分も明るくなるかしら?と、考えてみましたよ。

 

 

湿度が重要、

湿度を利用した何かといえば

発酵製品か何かが良さそうね。

 

例えば

チーズの生産とか

納豆とか味噌の生産とか?

きのこ、椎茸類などがいいのかしら?

 

ちょっと専門的な事はわからないけど

 

 

湿気よ、来い~!

湿度よ上がれぇ~!

菌よ舞えぇ~!

カビよ沸けぇ~!

 

 

晴れの日が続き、湿度も落ち着き過ごしやすい季節の秋冬にも

そんな呪文を唱えたくなるほど

湿気が恋しく思えるような、そんな商売

そんなビジネスが香港にあったら

昨今、様々な理由で何となく息が詰まりがちになる

香港の若者もちょっとは明るくなれるかな?

 

 

と、そんな事を異国人のワタクシが思いを巡らせてみても

ここで1つ基本的問題があるのよね。

口から先に生まれた口太郎のような香港ヤン

そんな過酷な空間で働きたいと思う働き手は何処にもいない。

 

 

それよりも何よりも、香港ヤンに菌を扱わせたら

食べられる菌も食べられない菌も何だか一緒くたになっちゃって

黒カビだらけの怪しい何かをガツガツ生産。

「料理は科学だ」という事を「料理は化学だ」とはき違え

生まれてはいけない何かが生まれてきそうなそんな予感。

香港の湿度は発酵商品の何かに使えそうな気がしなくもないけど、

どうやらそこは触らぬ方が良さそうだと、そんなとこよね。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ