Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

仕入れコントロールというのは、本当に難しいものなのだと、 改めて感じる今日この頃。

初二。

昨日、2017年1月28日、新しい年を迎えた香港でありますが、

桃酒も黒ビールも早々売切れ、ワンカップも梅酒類の在庫も

何となく心もとない。

f:id:hongkongjapan:20170129130647j:plain

本日に至っては、プライベート用に購入していたお水までも売りに出す

というね、そんな感じになってきましたが、旧正月休みは、まだ前半。

仕入れコントロールというのは、本当に難しいものなのだと、

改めて感じる今日この頃。

 

 

旧正月にお声がかかる商品、かからない商品。

このお店が旧正月を迎えるのは初めてだから、時間は短縮しつつも

周辺の様子見に、お店を開けてみましたが、

想定内の酒類は別として、今のところ普段以上にお声があったのは

「お好み焼きの粉」と「たこ焼きの粉」

旧正月といえば、もともと蘿蔔糕(大根もち)や

年糕(New Year Cake:もち米の粉を蒸して作る中国式もち)など

を食べる習慣があるので、この時期は粉系を好む傾向?

それにしてもお好み焼きの粉はわかるけど、たこ焼きね、

皆さん、ご家庭にタコ焼き器、持ってるんですかね?

何で焼くのかしら?

タコだって気になるところよね。

周辺街市では時々タコは売られているものの、

一般人でタコを買ってる人というのはワタクシくらいなもので

あまり見かける事もないけれど、たこ焼きを作る時のタコは

皆さん何を使うんだろう? 個人的には、その辺りが気になるわ。

 

 

逆に今のところ、意外なほどにお声がかからないのは

「焼きのり」「刺身酱油」「わさび」といった

クリスマスの時期にはとても人気だった寿司、刺身、手巻き寿司関連。

沢庵まで足りなくなったから、この旧正月休みも寿司、刺身を食べる人も

多いだろうと思ったけど、今のところ、寂しい限りの不人気ぶり。

と、ここまで書いて、

はっ!

ああ、そうか、クリスマスの時期と異なり、

肝心要の「刺身」が買えなくなるのか、この時期は。

閉まっているお店も多いものね。

買えなくなるってことはないだろうけど、

卸自体が動いていないのは皆知っているから、生もの自体を

避ける傾向にあるものね。

考えてみれば、そりゃ、そうか。

なるほど、なるほど、なるほどね。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ