Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

呑み助天国香港在住の呑み助の間で今、最も話題なのは、もちろんこちら。サントリービールのお話し。

アルコール度30%以下のアルコール、無税。

呑み助天国の国、香港。

そんな、呑み助天国香港在住の呑み助の間で今、最も話題なのは、もちろんこちら!

hongkong.keizai.biz

サントリーの「プレミアムモルツ」シリーズを中心に扱うコンセプトバー

「マスターハウス(MasterHouse)」のオープン!

 

今朝のBloomberg、サントリービール株式会社の水谷CEOのインタビュー

放映していましたね。これね、ただ、サラっ~と普段と同じくニュース見ている

感覚だけでみていると、「水谷社長か、ああ、そうだよね、今、香港で

マスターハウス話題だもんね」くらいに、それこそサラ~と流してしまいそうな

シーンでしたが、金融関連コメンテーターを除き、今のこの香港でBloombergの

単独インタビューを受け、それが放映される日本企業とか人とか、

本当に稀に見る出来事で、凄い事なのよ!

考えてもみてください。毎日、毎日、毎日、毎日、1年365日日本企業関連の

新商品が次々と香港に登場し、日系飲食店もオープンし、ラーメンはもちろんの事、

抹茶、ケーキ、タルト、パン屋、ありとあらゆる専門店が香港進出を果たしているけど

実際、Bloombergの単独インタビュー受けた企業、さて、どれくらい?

ねっ?そう考えると、ワクワクするでしょ。

 

 

 

Bloombergのインタビュー動画ではないけど、

こちらの「私の哲学」水谷社長インタビュー記事を読んだら、もうね、

今晩早速っていうより、今すぐにでもマスターハウスに駆けつけて

飲みたくなるよね、プレミアムモルツ・マスターズドリーム。

でもオープンは夜7時らしいですのでね、焦るでないぞ!

www.interliteracy.com

さて、そんな話題のサントリービールと我がMing-san Kitchenの関係。

もともと自分たちがプレミアムモルツ好きだったということと

香るエールも卸さんにあったという理由から、ビールは

プレミアムモルツと香るエールを仕入れていたのですね。

店舗のある西邨周辺ではどちらのビールもセブンイレブンにあったのだけれど、

お客さまはほとんどどちらのビールもご存じなかったご様子。

だからかな、物珍しさもあったのか、特に「香るエール」は期間限定という事を

Ming-san Kitchenではお客様に伝えてきたので、

おお、それならばこちらからとお客様は香るエールを手に取ることが多く、

そして月日は流れ、卸さんでも今シーズンの在庫は終わり、

販売終了に至ったわけです。

 

 

そして、昨日。

週の内、何度か酒類を購入して下さるお客様がご来店。

「あれぇ~、あの青いビールはぁ~?!」と香るエールをお探し。

「今シーズンは終わっちゃったんだよね、また、数か月後かな、

でも、どうだろう、香るエールの卸さん円高影響で値上がり続きだし、

来シーズンは種類を変えるか検討中なんだ、何か好みの日本ビールはある?」

と、お伝えしたところ、超ガックシなご様子。

申し訳ないなぁ~、確かに香るエール、アルコール度高い割に女性にも

飲みやすくて、香港では珍しいタイプのビールだったもんねぇ~、

ゴメンナサイね。と、ワタクシ、心の中で思っていたのですが、

ところがですよっ!

過ぎ去った事には目もくれない、さすが、立ち直りの早い香港ヤンですよ。

香るエールの代わりにご購入になった商品はフルボトルのスパークリングワイン。

えぇ~っ!ちょっ、兄さん、あなた、HK$12-の缶ビール買いに来たんじゃ

ありませんか?いきなりHK$100のフルボトルへ変更って、変更枠幅広いね。

とは、口にはしませんでしたが、これが、あれですよ、呑み助天国香港の中でも

朝9時前から酒類が売れる西邨ですよ、素晴らしいじゃありませんか。

 

 

 

そして今朝。

朝いちばんに売れたのは、そう、やはり、サントリーモルツというね。

ちょっと、多分、他の地区とは若干違うであろう、人々の生活。

Ap Lei Chauの生活、バンザイ!

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村