読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

ボッチ君の為のバレンタイン

このところ、以前と比べ、このブログの更新度が極端に落ちておりますが、

はい、それには、それなりの理由がございまして。

さっ、寒いのよっ!

北風がボーボーしていて、手がかじかんじゃって

文字を打つという作業がこなせるような状況になく、

更新頻度が極端におちているわけですね、はい。

 

先週は「これが今年の寒さのピークかね?」なんて会話も

周囲でチラホラ聞こえ、一昨日あたりから天気予報にも

19度、20度などと数字をみかけるようになりましたが

 

はっ??!!

どこのどなたが19度だの、20度だのおっしゃってるんですかね?

本日の北風の荒ぶり様といったら、これまで以上のもので

ワタクシ、いよいよ、干からびてしまいそうでゴザイマス。

 

「きっと、春は直ぐそこ」

そればかりを呪文のように繰り返し、北風にボーボー吹かれながら

過ごしております。

 

 

 

さて、本日2月14日。

世の中はバレンタイン、ピンク色に囲まれているようですが、

我が家では12月の「暖かぁ~いクリぼっち企画」に続き、

hongkongjapan.hatenablog.com

 

ボッチ君の為のバレンタイン

呑み助ばかりの西邨に全くもって似つかわしくないオサレな

コーンポタージュと海老のビスク。

電子レンジでチンすれば、本格的なお味が楽しるという優れもの。

普段は料理をしないボッチ君だって、あっという間に名料理人。

f:id:hongkongjapan:20170214120752j:plain

 

 

香港にしては思いのほか寒いバレンタインになったもの

お鍋で過ごすバレンタインってのも乙なものだと思うのよ。

ボッチ鍋といえばもちろんボッチ君の味方、プチット鍋よ。

今回はおでん味を用意してみたわ。

優しいお出汁が心の中まで温める、どこまでも心優しいプチット鍋。

プチット鍋だけは永遠にボッチ君、あたなの味方よ。

ボッチ君、ボッチ君、言うけどね、このプチット鍋の

素晴らしいところというのは、袋の中には6粒入ってるってとこよね。

バレンタイン前に慌ててつくろった似非カップルだって

1つの鍋をつつくのはアレだけど

別鍋小鍋で鍋イベント開催可能という、超画期的商品よ。

f:id:hongkongjapan:20170214121554j:plain

香港では、うどん勢に押されて影が薄くなりがちのそば勢だけど、

今回はまるちゃんの紺のきつねそばも入れてみたわ。

心に染みるお揚げが良いわね。

「まるちゃん」のメキシコでの成功はすさまじく、

「すばやく終わらせる事」を「まるちゃんする」と言うように

「まるちゃん」は動詞化までされているっていうんだもの

香港でも頑張ってもらいたいわよね。

f:id:hongkongjapan:20170214121603j:plain

そして1人飲みには欠かせない、ワンカップだって再入荷済よ。

旧正月期間に絶大な人気で、西邨の呑み助の間でプチブーム。

旧正月休み中から欠品が長らく続いていた我らが大関ワンカップだけど

ボッチさんのバレンタインに間に合って良かったわ。

 

 

クリスマスからお正月、バレンタインと、ボッチさんには

何となく落ち着かない日々が続いたであろうこの数か月。

でも、今日を乗り越えさえすれば、そう、

「きっと、春は直ぐそこ」

 

 

ワタクシたちも、北風にボーボーやられながら、どうにか毎日過ごしております。

ボッチの皆さま、お待ちしております。

暖かくしてお出かけください。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ