Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

怒涛の旧正月4連休

怒涛の旧正月4連休が終わりちょっと一息。

と、言いたいところですが

はす向かいの士多さん(ストアー)のお休みは続いているのでもうひと頑張り。

f:id:hongkongjapan:20180220115236j:plain

普段は置いていないお水を大量に仕入れてガツガツ販売中よっ!!

 

はす向かい士多さんが閉まっていると、

店舗周辺でお水を販売しているお店はセブンイレブンになるのですが、

セブンイレブンではHK$9-くらいで販売しているから

こちらもHK$8.90くらいにしたいところだけれど、

そんなことしたら瞬く間に

「あのヤップン小姐、人々の足元を見がやってからにっ!

金の亡者の異国人め、最近チョーシに乗り過ぎぃー!」

と、酒の肴にされそうなので、地味に、地味ィーに

目立たぬよう商売に励んでおります。

 

冗談はさておき。

 

今年は去年の経験があった為、

旧正月休みにいつもより動きがありそうな商品をあらかじめ

余裕をもって仕入れておくことが出来たし

周辺近所の街市仲間さんのお休み状況なども事前に把握できたしで

あまりアタフタすることなく効率的に充実した運営ができたかな。

 

さてさて、もうひと頑張り!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

新しい年のはじまり@香港

スカッと気持ちの良い1年の始まり。

さぁぁぁ、今年もガツガツ働くわよっ!

f:id:hongkongjapan:20180216155456j:plain

身体健康!!

20180216@Ap Lei Chau, Hong Kong

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

バレンタイン、旧正月と続く香港:日本酒とワインをドドドドドンと揃えてみたよ

いやいやいやいや、今年の寒さはどうなることかと思いましたが

旧正月前の最後の週末の書き入れ時に気温は戻り、

街市仲間は一安心といったところ。

それでも明後日から再び少し冷えるということで、ちょっと心配。

 

旧正月用に日本酒の仕入れ@香港

さてさて。

旧正月を迎えるにあたり今年は酒類をドッシリ系からコッテリ系まで

小売価格でHK$150-HK$300-(現レートで約2000円ー4000円強)

くらいまでの商品をドドドドドンと揃えてみましたよ。

f:id:hongkongjapan:20180210115953j:plain

当店をご利用いただくシーンというのは

かしこまった贈品用に、というよりも、

離れて住むおじいちゃん、おばあちゃんと食事をするけど

おじいちゃん家に行く前に、ちょっと手土産

という感じで購入されるお客様が多いので

旧正月の家族でのお食事に合うように

華やかな雰囲気はあれど

軽めな吟醸系で高すぎないもの。

普段はお酒は飲まないけれど、人が集う宴には

桃酒や梅酒などの甘口のお酒であれば少し飲むという方も多く

とろり~ん系も喜ばれますね!

 

バレンタイン用にワインの仕入れ@香港

今年はバレンタインと旧正月が並ぶ暦となり、ワインもね、

ドドドドドンと並べてみましたよ。

f:id:hongkongjapan:20180210125615j:plain

2008年にアルコール度数30%以下の低アルコール類の酒税撤廃と

それらの商品の輸入手続き簡素化以降、香港はワインの輸入量世界有数地域。

それこそ我々のような小さなストアーから専門店までどこでもワインを見かける。

ですので、Ap Lei Chau内の小売店とはなるべく重ならないブランドで

小売価格でHK$120(現レート約1600円)以上になるくらいの品で揃えてみました。

香港は本当に世界からワインが集約されていて

HK$70(現レート約970円)前後のコストパフォーマンスの良いワインも

ヨリドリミドリ。となると、

HK$100以下の商品となるとやはり大手小売店の価格は魅力的。

と、いうことで、

決して珍しい商品ではないから近所にありそうだけど、

意外と住まい周辺ではあまり売られていないなぁ~と思えるワイン

Simonsig(南アフリカ)

Galeon Espana(スペイン)

Monte Antico(イタリア)

Ashbrook(オーストラリア)

Astrolabe(ニュージーランド)

などなどなど、そんな感じでね、入れてみましたよ。

Elephant hillも欲しかったけど我が家の卸さんで扱いがないのよね、残念。

 

日本酒とワインの仕入れが重なるのはキャッシュフロー的に厳しいけれど

それでも日本酒やワインの仕入れとなると基本の基本の部分で

「売れ残ったら、まぁ、自分で飲めばいいし、多少わねっ!!」

という解釈で比較的軽やかに仕入れが出来ちゃうから不思議よね。

 

ところで、日本酒@香港

日本酒人気は香港でも例外でないものの

純米は?とか

特別純米は?とか

ぬる燗で飲みたいんだけど?とか

自分はもちろん雄町ラーだよっ!とか

そういった方向から商品をお尋ねになる人というのは

全体的にはまだまだ少なくて、

大吟醸は?とか

精米歩合はどれくらい?とか

新潟のお酒?とか

獺祭は、男山は、八海山はないの?とか

「わたし、本やネット記事など読んで勉強してるんだ!」

という感じの方向から商品をお探しの方が多い感じかな。

どんな形からでも、とりあえず触れてみる、飲んでみるという

行動につながるのは嬉しいものです!!

 

一方、朝から酒類消費係数が比較的高い西邨周辺。

本などを読み酒に関する知識を深めるという行動とは縁遠そうな

我愛し西邨の呑み助さん方。

普段からドッシリ系を好む傾向にあって、中には

黒白波は今日は無いのかっ!!

と仰る強者香港ヤンもいらっしゃる。

(注釈:焼酎が香港ヤンの間で積極的に消費されているかといったら

まだその段階ではなくて、芋焼酎を指定してくるというのは

なかなか極めて珍しい傾向)

きっと、本能的な何かでお酒の良し悪しを判断していると思うのよ。

 

いやはや、仕入れコントロールは難しい 

いやぁ~、それにしても

バレンタインの直後に旧正月となった今年の暦。

仕入れても仕入れても間に合わず、

うまい感じに数が決まらず、まだ来週少し追加注文に終われ

いやはや、なるほど、仕入れコントロールというのは簡単ではない。

hongkongjapan.hatenablog.com

hongkongjapan.hatenablog.com

hongkongjapan.hatenablog.com

 

バレンタインと旧正月。

香港で小売りを営む皆さん、慌ただしいい日々となりますが

お互い、気合をいれて乗り切りましょうぞ!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか:水産庁と日本自然保護協会の回答を興味深く読んだ

ウナギ、大好きなのよ、ワタクシも。

でもやっぱり気になる漁獲量の大幅減少。

と、いうことで、こちらの記事を興味深く拝見しました。

ねとらぼ(2018年2月4日)

結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか 

水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた

nlab.itmedia.co.jp

消費者が購入を控える事に意味があるか、それとも気にせずに購入した方がよいか

と、いう質問に対しての回答の一部を覗いてみると

 

水産庁:あまり意味がないでしょう。

(中略)水産物は持続的に利用してくことが重要なため、

原因が特定できていない状態で消費者が購入を控える必要はないでしょう。

 

日本自然保護協会:意味があると思います。

(中略)はっきりとした原因が分からない今は、予防原則にたって、

ウナギの保全を最優先で考える必要があります。

ウナギにかかわる業者の皆さんにはきついかもしれませんが

土用の丑だから食べるという程度なら、わざわざ食べるということは

しない方がよいとは思います。

 

なるほど、なるほど。

 

唸るほど美味しくしみじみ幸せ~と感じることが出来るウナギを

これからも変わらず食べていけるような状況を作り出すには

どうしたらいいんだろうね。

 

ウナギは海外でも普通に食されているのでしょうか、という質問

ところで、この記事の中で一か所になる点がありましてね、

ーウナギは海外でも普通に食されているのでしょうか

という質問に対しての両者の回答

 

水産庁:水産庁では詳しいデータを持ち合わせていません。

日本食ブームにより需要が増えているとは聞きます。

 

日本自然保護協会:中国やヨーロッパなどでウナギを食べる文化がありますが、

日本の丑の日ほど一般的なものではないようです。

 

およよっ??

およよよよよよよ???

ちょっと、まったぁ~ぁぁ~!

そりゃ、イカン。

プロがその認識じゃイカンでしょ。

香港ではウナギをガツガツ食べる。(正確にはガツガツ食べていた、かな)

ガッツガツどころじゃないわよね。

ウナギの高騰が凄まじく今では気軽に食することが出来るような食材では

なくなってしまいましたが、日本食レストランでのメニューでなくても

地元系定食にも普通に使われていたし

豆豉蒸しにしたり、火鍋の食材であったり、ローカルメニューも豊富。

ポルトガル色を大いに受け継ぐおとなり澳門(マカオ)では

ウナギの炭焼きメニューも定番だし、

広東地区では料理法もバラエティーに富んでいるし

どちらかというと、奪い合って食べるわよね。

骨だって揚げてつまみにするし。

最近、香港の街中ですっかり見かけなくなったのはただ単に

コストが超高騰しているからだろうけど、

好きは好きよね、皆さん、基本的に。

日本とは食しているウナギの種類とはたぶん異なって

こちら香港では大型のゴッツイ鰻が一般的。

スーパーでは活きの状態で扱っていることは少なくて

街市の淡水魚のお店で扱っていて活きウナギをその場で捌いてくれる。

一時、何年くらい前だったかしら

ウナギに有害物質が含まれているというニュースがあって、

その頃から、個別包装された日本の鰻蒲焼風商品が一挙に広まった

そんな流れだったかな。

参考までに:鰻魚 独立包のイメージ検索結果

 

日本風商品だけでもありとあらゆる商品があるし、それに加えて

地元系料理もあるしでウナギはこちら香港でも

高くて頻繁には食べれないにしろ感覚的には結構身近な食材。

 

プロの方々にとっては「今言っている絶滅種とは、それとはまた別のお話」

という捉え方かもしれないけれど「基礎がある」というのは

簡単に見積もってはいけないものという気がする、といいますか。

 

とにもかくにも、ウナギよね、ウナギ。

魚と同じく「ウナギのある食卓」って孫世代に残していきたいことの

1つだと思うのよね。

hongkongjapan.hatenablog.com

だって、美味しいじゃないっ、ウナギって!!

孫世代にも食べさせてあげたいじゃないっ!

 

アメリカ辺りじゃどうなのかしら。

アメリカやブラジル辺りのゴッツイ川に沢山いそうだし

(↑↑イヤ、知らないですよ、実際はどうか)

彼らあまり好んで食べそうにないし。

何か、こう、うまいこと、出来ないですかね。

 

 

結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか

水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた

nlab.itmedia.co.jp

 興味深い記事でしたので、よろしかったら皆さまも是非に!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

立春

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

寒さの中で営む世界の街市(マーケット):ヤクーツク屋外市場、氷点下50度で営業中

明日からまた香港に寒波がやって来るということで怯えております。

香港、8℃まで下がるらしいですよ。8度。

香港とあまり接点のない方におかれましては

8℃なんて全然へっちゃらじゃんっ!とお思いかもしれませんが

暖房施設の整っていないコンクリートの建物の8度というのは

なかなか痺れるのでございますよ。

誰もが火鍋を囲むであろうこの数日に備え、火鍋用の豚肉を

山のように仕入れておきましたが、思い出すのはこの日よね↓↓↓

hongkongjapan.hatenablog.com

これ、また、もしかして寒すぎて、
火鍋どころか人っ子一人、歩いてないじゃないのよっ!

ということにならない事を、ただひたすら願うばかりでございます。

 

寒さの中で営む世界の街市(マーケット)

去年に引き続きワタクシも北風にボーボー吹かれつつ

心が折れそうになりながらも街市の中でお店を運営しておりますが

今年はね、同じような環境の中で運営している世界の人々に目を向けましてね

そしたら、今月半ば頃だったかしらサハ共和国の気温ー65℃という寒波の記事。

CNN(2018年1月18日):氷点下67度、シベリアに猛烈な寒波到来

www.cnn.co.jp

その数日後、-65℃からー50℃に気温が上がったということで

ヤクーツクの屋外魚市場も再開して、働いている方々はセルフィーを

楽しんでいるというのだから、

世界の街市カウンターパートはレベルが違うわよっ!

それでも街市再開と言っても、数件ぽつりぽつりと開いてるくらいでしょ?と

思ってみたけどイヤイヤ、なんのなんの、

どこもかしこもガッツリ営業といったご様子で

驚いたことに-50℃の中、小さなお子様連れのお客様もいらっしゃる。

こちらに動画がありました。

Fishing Market Yakutsuku Now 49C' below zero

www.youtube.com

 

こちらは同じ場所かは定かではありませんが、12月頃らしい。

カチカチに凍った魚というのは私たち日本人にも想像範囲内ではありますが

こちらの動画↓↓↓1分45秒くらいからかしら、鳥類ね、鳥類。

Yakutia.com: Big fish Market

www.youtube.com

鳥類でもニワトリではなく、首が長そうだけどアヒル系??

そのままの姿で凍ってしまっていて、

ああ、本当に寒い中で皆さん生活しているのだなと

ヒシヒシ感じる事ができる興味深い街市の様子でした。

 

こちらは同じくYAKUTIA.COMから

2015年12月31日の市場の動画(←多分ですよ、多分)

-50℃の中で暮らす人々の様子がいかにも日常で、ただただ驚き。

www.youtube.com

こうなってくると、気になるのは

このカチカチの魚をご家庭でどのように調理するのだろうか。

こんなに寒くてはお野菜も望めないだろうし、冬はお野菜を食べないのかしら。

お魚は鱈系か鮭系かわからないけど、

このカチカチのまま日本へ輸出しても日本到着後も解けてなさそうとか

そういう部分なのですが、

実際、現地の方々はどのような料理を召し上がっていらっしゃるのかしら。

 

そんなサハ共和国の寒さにおののいておりましたら

何とニッポン!

TBS(2018年1月25日):北海道・喜茂別町で氷点下31.3度

news.tbs.co.jp

 

番外編

こちらはエクアドルのプエルトアロヤ。

寒さの中ではないけれど、動物園ということではなく

普通にFish Marketのよう。

www.youtube.com

 

さぁ、もう既に風が冷たい冷たい風に変わってきたようです。

香港にお住まいの皆さま、今晩から来週にかけては暖かくしてお過ごし下さいね!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

房総ジビエフェア2018冬:野生鳥獣の農作物被害対策、千葉県の取り組み

先日、通勤途中にイノシシ氏と対峙した後、

外来種問題や磯焼け、鳥獣被害などに問題に思う事などを綴ってみました。

hongkongjapan.hatenablog.com

と、そのタイミングで、我、愛しの千葉県よりっ!

房総ジビエフェア2018冬、開催のお知らせ。

f:id:hongkongjapan:20180126163729j:plain

千葉県Web Site:房総ジビエフェア2018冬

「房総ジビエフェア2018冬」参加店一覧/千葉県

 

野生鳥獣の農作物被害が深刻化する千葉県では

対策として房総ジビエの消費拡大に取り組んでるよ!

千葉県内の店舗が主だけど、今年は47店舗が参加。

都内では豊洲のトラットリアBOSSO(イタリアン)と

丸の内のPizzeria e Bar BOSSOで「房総ジビエフェア2018冬」で開催中。

豊洲 イタリアンレストラン Trattoria Bosso(トラットリアボッソ)

BOSSO PIZZERIA E BAR-ピッツェリア エ バール ボッソ-

 

房総ジビエはドングリを食べて育つのよっ!!

房総ジビエってご存じですか?

房総はねマテバシイが多いのよ、マテバシイってどんぐりね。

九州以南や房総の南、紀伊半島など温暖な場所に多いどんぐり。

房総の野生動物はこのドングリを食べて育っているから、

いわばイベリコ豚のようなものなのよっ!

と仰る方がいらっしゃるくらい臭みもなく食べやすい食材なんですって!

 

房総ジビエフェア2018年冬、参加店一覧

先ほどあげた都内2店舗の他にも

都内ではないけど比較的都心に近い

津田沼、船橋周辺でも多くのお店で開催中だし、

これからの季節、暖かい陽だまりを求め房総方面にお出かけの方も

多くなるでしょう。

房総ジビエフェア2018冬参加店↓↓↓(千葉県Web site) 

「房総ジビエフェア2018冬」参加店一覧/千葉県

カテゴリーも定食屋さんからインド料理店まで

みんなで盛り立ててるから、

この冬、皆さんも房総ジビエ、お試しくださいね!!

 

千葉テレビ(2018年1月24日):房総ジビエの消費拡大を!

www.chiba-tv.com

共同通信PRWire(2018年1がt26日):「房総ジビエフェア2018冬」の開催について

prw.kyodonews.jp

Foodrink news(2018年1月26日):千葉県主催「房総ジビエフェア」

www.foodrink.co.jp

 

今年の冬は、房総ジビエよっ!!

 早速今晩、皆さまも是非に!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ