読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ap Lei Chau Days - 香港の日本食小売店運営での日々の出来事。

香港の漁村の小島の街市内で日本食品小売店を展開。前代未聞のこのビジネスを運営する中で見える事、感じる事、日々の出来事をつづります。他人に厳しく自分に甘く、自分勝手な毒舌日記ゆえ、自己判断でご覧下さい。

料理が不得意な香港ヤンも直感的にイメージできるような、冷凍食品商品案内を作ってみる。

店舗運営

冷凍庫がやって来てから、どれくらい経ちましたかね。

hongkongjapan.hatenablog.com

おおっ!もう、一か月が経つのですね、はやい、早い。

 

業務用冷凍庫といっても一番小さなサイズ。

それでも、やはり品数は多くしておきたいという思いもあり、限られたスペースの

中に商品を並べるという、これも、なかなか特殊スキルのいる作業だったわけですね。

1か月たって、その商品配置やオーダーのテンポなどにも少し慣れてきたかしら。

 

 

そんなこんなで、冷凍庫の中にどんな商品があるかお客様だってパッと見たところで

全てが見渡せるわけでもなく、こんな感じで商品一覧などをボチボチ作っております。

f:id:hongkongjapan:20170420150523j:plain

商品一覧といっても大げさなものではなく、商品名とその写真くらいの

情報しかないファイルですが、それでもお越しになる香港ヤン、

結構皆さまご覧になって下さって、

「へぇ~、へぇ~、へぇ~、こんなのもあるんだ」

「これ、何に使うの?どうやって食べるの?」と興味津々。

本当はね、その商品を使った完成メニューの写真まで載せていると、もっと

イメージもつかめるだろうけど、それをするには時間もコストもかかり、

チョー弱小商店Ming-san Kitchen、あっという間に潰れる事になりかねないので

その辺りは宝くじでも当たった時にはね、是非作ってみようと思うのよ。

 

料理完成品の写真までは中々できないけど、こんな感じで

おでん食材やお出汁に活用できる調味料を簡単に一枚にまとめて、

ファイルに差し込んでみたり

f:id:hongkongjapan:20170420151206j:plain

BBQに利用できる食材やタレなどもまとめて

ファイルに忍ばせたりして

f:id:hongkongjapan:20170420151225j:plain

料理があんまり得意でない香港ヤンも簡単にイメージできて

材料さえそろえば、何となく、それなりにお家でできそうと

そう思ってもらるような、そんな案内をね、増やしていきたいなと、

ボチボチ、ボチボチやっております。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

BBQに行くなら、これよ、コレっ!!というコッテコテな看板を作ってみた。

店舗運営

本日からイースターホリデーという事で香港4連休。

例年、日本の桜の季節と重なる事が多くイースターホリデーは日本で

桜を満喫という方も多いけど、今年は例年より若干遅めの4月14日からという事で、

香港でのんびりという方も、多いのかしら。

先週の清明節のお休みに日本に行ったよ!という方も多かったかな。

 

さて、香港。

本格的な暑さがやってくる前の、心地良いこの季節のお休みと言えば、BBQ

カンパチのカマのお話の時にも少し触れたかな↓↓↓


バーベキュー大好き香港ヤン。

香港におけるバーベキューのお話は、それはそれは話し始めたらキリがないほど、

話のネタが盛りだくさんのバーベキューなのですが、これね、

香港生活をしたことのある人にはご理解いただけると思うのだけど、不思議よね。

いつも時間に追われている香港ヤンが、なぜ、バーベキューにだけは

あれほど時間をかけられるのか。

鶏手羽をね、燒烤叉にくし刺しにしてですよ、自力で持ってですよ、

火にあててお話しながらじっと待つ。30分かけて手羽先1つしか食べれないなんて

ワタクシ、ホント、無理だから。

そこはさ、鉄板準備して、焼きそばガンガン焼こうよ、焼きそば。

香港ヤン、ホントに不思議なことだらけ。

 

 

そんなこんなで、この連休はバーベキューにお出かけの方も多いだろうと、

BBQ行くなら、これがいいわよっ!!

という、コッテコテの看板を作ってみた。

f:id:hongkongjapan:20170414130145j:plain

こんな感じでね、店頭に置いてみましたよ。

もちろん、先日のカンパチの写真も入れてですね、焼きそばなんかも入れてですね。

f:id:hongkongjapan:20170414131736j:plain

ワンカップ大関やチクワを入れてみたところに、ホラ、日本人的要素、

感じていただけますかね。チクワもチョット炙ると美味しいのよ。

 

 

折角の香港生活、洗濯機のドラムを再利用した超激的香港式BBQってのも

良いかもしれません。あの、再利用、ホントに凄いアイデアよね。

感心しちゃうわ。ご存じない方の為に、「洗濯機BBQ」と広東語で検索した時の

検索結果リンク先を貼っておきます。洗衣機BBQ - Google 搜尋 

この洗濯機ドラムの再利用と、油の一斗缶を斜めに2つに切り塵取りとして

巷で売られているのを見た時に、ワタクシ、香港ヤンのビジネスセンスには

敵わないと思ったものよ。

一斗缶の塵取りのイメージはあるかしら。一斗缶 ちりとり - Google 検索

 

 

このお休み、お天気にも恵まれるようです。

香港ヤンも、香港ヤンでない方も、みんな大好きBBQ

火の元に注意して、楽しいBBQをどうぞ!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

自社の大切な商品をどこに卸さんに託すべきかという話、続編。イースターホリデー中の各社の配達日を纏めてみた。

ビジネス全般に関するつぶやき

世の中明日からイースターホリデーという事で、仕入れ業務に追われている。

卸さん各社、普段のデリバリー日程とは異なる予定を組んでいるし、

イースター期間中のお天気や、店舗内にある在庫や、冷蔵庫や冷凍庫のスペースなど

様々な事を検討し、オーダーを各社の締め切りまでに出さないと、

お休み期間中にお客様は来て下さるけど、売る物が無い!では困りもの。

ということで、この2,3日はバッタバタ。

 

イースター期間中の各社の配達日を纏めてみた

イースター期間中の配達はどこもカレンダー通りお休みかなと思っていたところ

案外そうでもなく、興味深い。

我が家は開店以来初めてのイースターなので、卸さん各社のこの動きが例年通り

なのか、色々経験を重ね、顧客からの意見を聞きながらの動きなのか、

人が休む時は稼ぎ時ぜよ!の香港魂か、

はたまた「世の中、balance of lifeだろ」という流れなのか

その辺の事情は分からないですが、南区への各社の配達アレンジをまとめてみた。

f:id:hongkongjapan:20170413121540p:plain

A社、D社、F社はカレンダー通り、もともと月、水、金の配達なので

イースター期間中は丸々一週間配達なし。

B社、G社に於いては、他社が休むことを考慮してか、普段配達がない日まで

配達日を設置。G社はその代わり、休み明けの午後、配達お休み。

B社なんて、小売のこちら側が

「ちょっと、ちょっと、配達スタッフさん、ストライキとかしちゃわないの?」

と、心配になるくらいの特別設定。

一方C社。普段から南区への配達は月、金という設定で、金曜配達分の荷物を

受け取る前に、翌月曜分のオーダーを出さなければならないという、

オーダーを出す側としては首を傾げたくなる配達日設定を貫き通している卸さん。

このイースター関連では4月10日(月)の次の配達日は4月21日(金)というね、

ほほぉ~、ここは日本から遥か彼方のヨーロッパか南米かというそういう日程。

今回、我が家は営業さんに相談したところ、営業さんが会社に掛け合ってくれて

スケジュールを少し調整していただけましたが、担当営業さんが社内で発言力が

なかったリ、そもそも担当営業さんが普段から仕入れ担当者といい関係を

保っていなかったら仕入れ側だって、わざわざ担当営業さんに相談することなく

他社をあてにするだろう。

 

自社の大切な商品をどこの卸さんに託すべきか

各社、人材確保、スタッフの働きやすさ、顧客への対応、それぞれ様々な事を

検討し戦略を練っている事だと思うし、顧客側としては「これこれこうゆう形で

調整していただけたらありがたいけど、どうでしょうか」という相談はできても、

ビジネス量などを見ながら最終的には卸さん側が決定することだと思うし、

それはそれで、仕方がないと思うのですよね、よっぽど仕入れ力がない限り。

小売り側だって、自社に仕入れ力がない事がわかっているから無理も言えないし

M社のZ商品の仕入れが難しそうであれば、N社のY商品をこの機会に入れてみようか

など、いつもとは違った考えが生まれるきっかけになるかもしれないし。

日本国内以上に日本食品の流通が発達している香港といえど、次の配達日まで

10日以上開いたところで、その事自体は、あくまでも卸さんが決める事だ。

それは良い。

それは良いのですが、1つ、思うのは、時々このブログ内でも書いているけど

「自社の大切な商品をどこの卸さんに託すべきか」

そういう立場にいる日本側の生産者さんやメーカーさんは、香港側の卸さんとの

契約前にちょっと、頭に入れておいてもいいのではないかなとは思う。

卸さんは、普段、どういった形で仕入れ先を回り、自社の商品を紹介し、

どういうテンポで仕入れ先に配達をしているのか。

 

折角、香港側の卸しさんと契約したのに、思ったように香港市場に自社の商品が

出回っていかないというその背景には商品自体の良し悪しの問題だけでなくて、

むしろ、他原因の方が多いかも。契約はしたものの、その先、卸の営業さんから

商品の情報自体が市場に伝わっていないとか、そういう事も日常茶飯事だろうし。

 

小売店やレストランといった仕入れ人は商品自体に興味はあっても、

次の配達日まで中5日、とか、中10日とか、そういうスケジュールだと

顧客対面している側としては、なかなかそこまで待っていることはできず

仕入れ担当者は他の卸さんに連絡をとるという流れができやすい。

 

「昔からそうだから」とか「これまでこれでやってきたから」とか

「前例がないから」とか、そういう理由で会社が市場に柔軟に対応することなく

日々を過ごしているのなら、商品がどんなに良くても、

担当営業さんがどんなに頑張ってくれても、タイミング悪く、

仕入れすることが難しい事もあるし、結果、その商品は浮かばれない。

卸さんの倉庫の中で埃被って埋もれているかも。

そんなの、もったいない、もったいない。

 

 

自社の大切な商品をどこの卸さんに託すべきか。

ネットビジネスが当たり前になった今の世の中で、そんな事、気にすること無いよ!

と、仰る方もいるかもしれません。

でも、思うのですね。ネットビジネスが当たり前になって、情報が山のようにあって

どれがホントで、どれが嘘の情報なのか、全くわからない、沢山の情報が溢れてれる。

だからこそ、信頼のできる卸さんとか経験ある商社さんとか、そういう人たちが

重ねてきた「信頼できる商品の情報」というものに価値があるんだって。

自社の大切な商品をどこの卸さんに託すべきか。

機会があれば改めて、その基本の部分を振り返ってみるのも良いかもしれません。

 

hongkongjapan.hatenablog.com

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

食品業界の海外展開:今年こそは英語をどうにかしたいと思っている方に朗報!

ビジネス全般に関するつぶやき

日本食品の海外展開をしているけど英語に自信がない、とか

これから海外展開を目指すぞ!!とか

この4月、晴れて食品会社のスタッフになりました!とか

今年こそは英語をどうにかしたい!と考えていらっしゃる方に朗報!

食品会社の若手社員が海外ビジネスに挑戦するストーリー

英語の勉強の王道といえば、NHKラジオ。

ラジオ講座は色々あり過ぎて、今1つどれを選んでよいかわからないという方に

一押しは、入門ビジネス英語。数あるコースの中から、何故これかというと

この4月スタートの新ビジネスシーン(新ストーリー)は、何と

「食品会社に勤める若手社員のキタノ君が海外の人を相手に奮闘するストーリー」

食品会社や関連貿易会社で働くワタクシたちに、ドンピシャリの内容で、

文を覚えたところから、そのまま使えるという、なんともありがた~い内容。

 

入門ビジネス英語の例文を丸々覚えて、今日から使う

そしてこのコースのありがたいところは週2回。

1回の放送15分。

これね、たかが15分されど15分。

毎日放送があるとついていけなくなっちゃう可能性も高いけど

週2回だと、ちょうどいい感じのペースではないかしら。

www2.nhk.or.jp

 

毎日同じ時間にラジオを聞くのは難しいという方には

ストリーミングといって、1週間遅れでこちらのページで聞くことが出来ます。

1週間後には次の放送に換わるから、1週間の間に先週の2放送分を

自分のペースで勉強すれば良いリズム。こちらも無料。

www2.nhk.or.jp

そして、この講座の凄いところは海外ビジネス経験20年以上の柴田先生が

ビジネス上のちょっとしたアドバイスとか、経験とか、そういうお話を

散りばめてお話している点で、英語以外でも勉強できる部分が盛りだくさん。

 

 

本当、そのまま、まるまる使えちゃう。

そうは言っても「This is Naoya」とかNaoyaまでそのまま言っちゃ駄目よ、

固有名詞くらいは入れ替える余裕をどうぞ。

 

今週中は第1回(4月3日放送分)から聞くことが出来ると思うので、

「じゃ、また、今度、時間が出来たら」とか言ってないで今どうぞ今!↓↓↓

www2.nhk.or.jp

4月。何かを始めるには、とっても良い時。

皆様も是非に!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

食一という会社

ビジネス全般に関するつぶやき

食一という会社。

日経ビジネスの記事(2017年4月6日付)

知る人ぞ知る「高級魚」を売り込む鮮魚卸 飛び込み営業で漁港と居酒屋を直結

という記事が興味深かった。

business.nikkeibp.co.jp

食一という会社の代表、田中氏は同志社大学在学中の2008年に立ち上げたと

文中にある。従業員数3人、ビジネス開始から約9年。

 

人を雇うという事、

ビジネスを10年近く続けていくということ、

売り上げを伸ばしてゆくという事、

それがどんなに難しい事か、全然簡単な事ではないという事が

自分でビジネスを立ち上げた経験がある人はわかるだろう。

 

記事の最後は

“そしてもう一つが、各地の漁港を観光地としてプロモーションする事業だ。他社と組んで、新鮮な魚介類を売りにするレストランを開いたり、その地で取れた魚を加工し、販売したりする計画だ。「笑われるかもしれないが、いつかは漁港をテーマパークのような場所にしたい」。田中代表はそんな夢を抱いている。”

と、結ばれています。

 

 

誰が笑うものか。

笑うものがいたら、まっすぐその人の目を見つめてあげたらいい。

 

 

誰が何をどうやったって何かしら言いたい人は世の中に一定数存在する。

それは、どちらの考えがあっているとか、間違っているとかそういう性質のものでは

ないと思うし、ただ単に、考えが異なる、それだけだ。

考えが異なる、目指す方向性が異なる、ただそれだけなのだけれど、

そういう人とは深い部分で交わらない事、距離をとる事、今、自分はそういう

感じで考えるようになったかな。かつては、意見が異なる人も根気強く説明すれば

いつかはわかってくれるだろうと思っていた事もあるけど、年を重ねるにしたがって、

考え方のベクトルが異なる人とプロジェクトを共に進めていくには

相当のエネルギーが必要で、命というものに限りがある以上そういう事に

時間を費やすのは非効率的だということがわかったし、

何てったって、

疲っかれちゃうわよ~!

方向性が異なる人と時間を共にするのは、ねぇ~。

そんなん、年がら年中綱引き競技やってるようなもんでしょ?

そんな体力、ナイナイナイ!

世の中には70億を超える人がいる。

考え方や方向性が似ている人と組めばいい。

進めていくうちに異なる考えがお互いに出てきたら、そこでまた組み直せばいい。

 

 

是非、実現させて欲しいな。

各地の漁港を観光地としてプロモーションする事業。

 

 

実現させてほしいどころか、

今のこのMing-san Kitchenプロジェクトが終了した折には

ワタクシを雇って頂きたいくらいだわ。

ガツガツ働き、ワッサワッサ稼ぎ、トントントンと休むわよ。

田中代表、見ていてくれてますかね、コレ。

声は届かないと思うので、いつもの通り、強調したいところを

最大文字で打っておきました。

 

株式会社 食一

www.shokuichi.jp

 

 

各地の漁港を観光地としてプロモーションする事業。

是非、実現させてくださいね!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

リクエストはあるけれど、まだ仕入れできていない、していない商品

店舗運営

お客様から聞かれる商品だけど、様々な理由から、まだ残念ながら

Ming-san Kitchenではまだ仕入れしていない商品、書いておこうかしら。

 

1.日本の卵

2.ゴマ

3.チーズ

4.牛乳

5.小さなサイズのイカの塩辛

6.小さなサイズの明太子

7.カレールー

8.1食分の惣菜缶詰類

9.ラムネ

 

日本食品関連ではそういう感じかしら。

我が家もだいぶ商品数が増え、これまであったそれ以外のリクエストは

大体仕入れてができているかな。

以前のリクエストなどを改めて振り返ってみると、

hongkongjapan.hatenablog.com

ああ、そうだ、そうだ、リンゴ酢、未だに声かかるわね。

 

 

ごま油は、巷に多く出回っている日清や九鬼ではなく

味の素の「ごま油好きのごま油」を入荷、無事完売。次はどうしようか

検討中なのだけれど、一時の胡麻油フィーバーはもう、過ぎ去った感じかな。

 

 

梅ゼリーか、そうだ、梅ゼリーね。

今も時々お声がかかるのですが、ゼリーの仕入れ関連で興味深い出来事が

かつてあったのだけれど、また、改めて、今度、綴ってみましょうか。

 

 

日本の卵に関しては、最近急にリクエストが増えた気がするけれど、

何かあったのですか?

今はローカルスーパーでも普通に売っているから、あれかしら、普段は

スーパーまで行くけど、近場の街市で買えればなっというそういう段階かな?

 

 

惣菜の缶詰類も欲しいけど、入り数が大きいからね、難しい。

さてさて、寒い冬が去り、暑い夏がやって来る。

最近は夏の商品ラインナップをどうするか、そうした事でバタバタ忙し。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

「分かっちゃいるけど、いろいろ、しょーがないんだよね」と思う事たびたび。

つぶやき

海外に住んでいますとね、何だろう、こう、諦めという気持ちとは

少し異なるのだけれど

「いろいろ、しょーがないんだよね」

と、自分を納得させるべき場面に、時々、遭遇するのよね。

 

例えばね、日本人スタッフが所属してる会社という事が明らかなレストランや

小売店に行った時にね、怪しい日本語表記の何かがあったら

「日本人が居るんだもの、チャチャチャって訂正したらいいじゃん」

かつてはそんな風に思っていた自分も確かにいました。

 

でも立場が変わり、自分が小売する立場になってみて、思いましたよ。

「分かっちゃいるけど、いろいろ、しょーがないんだよね」と。

怪しい日本語か書いてある商品とか、自分のお店で扱いたくないわ~と

思っていても、そうばかりも言っていられない事もある。

それは、きっと、小売りの立場でなくとも、卸さんや生産者さんの

立場でもきっと同じなんだろうなと。

 

 

下の写真は今日、初めてとってみた焼海苔。

万が一の場合に備えて、仕入れ先をいくつか探しておいた方がいいかなと

思う商品は現商品に加え、候補商品を少量取ってみる。

卸さんの料金表は、ブランド名や生産者名、原産国などが記載されていない

場合も多くて、実際、仕入れてみなければわからない事もたびたび。

今回は焼海苔。試しに少量、いつもとは違う卸さんから取ってみた。

 

右上の緑で囲った部分は、我々日本人でもほぼスムーズに読めるけど

その下の紫色で囲った御注意部分ね、これ、慌てて付け加えたんですかね。

乾燥剤入ってるけど、誤って食べないでね!という注意書きですよね。

f:id:hongkongjapan:20170405173312j:plain

これね、外資企業で日本語説明文校正経験したことある人ならわかると思うけど、

外部の校正人にお願いすると、文の最小単位というのがあって、それ以下の

文だと割高になるという事情もあったりするわけで、なかなかね、

外国語表記で商品をビシッと決めるって、簡単な事ではないわけですね。

まぁ、それでも、商品化しちゃうところが、チューゴクさまと言えば

チューゴクさまであるわけですが、その勢いね、ビジネスでは時には必要だと

はい、近頃は、そう、思えるくらいになりました。

そして、その誤りだらけの日本語表記の商品が自分らのお店に並んでいても

「分かっちゃいるけど、いろいろ、しょーがないんだよね」と

思えるようにも、なってきました。

 

 

それにしても気になる部分は、プロにお願いしたであろう緑囲み部分の

「お」の字が小さくなってる部分よね。それに加え全体的な言い回しも、こう

何となく我々と異なるというか、特にわざわざカッコつけて説明している

(クルマエビの兄弟)って部分ね、そこは詳細いらない気がするわよね、

小エビでいいだろ、小エビで。と、いう事で、日本語上級者の誰かが

校正したのだと思いますが、その日本語レベル、高いよね。

自社商品の説明文を外国語表記でビシッと決めろ!と言われても、ね、

日本人の我々、頭かかえちゃうと思うのよ、ね、そう考えると、外国勢

ほんと、凄い勢いよ。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ